女子戦の舟券の買い方セミナー 20170321

女子戦と一口に言ってもいろいろとあります。

・ヴィーナスシリーズは 若手主体 一般戦
・ オールレディースは 女子の上位選手主体 G3のグレードレース
・各場の企画の女子戦 一般戦

が毎日のようにどこかであり、クィーンズクライマックスやオールスターが年に1度あります。

女子戦の特徴は。。。

・選手数が少ないので選手の特徴などが覚えやすい 
・実力差が上位選手と下位選手では大きく予想が立てやすい 
・1年中どこかの競艇場で女子限定レースが開催されている
 

などです。

舟券としては

・ヴィーナスシリーズは実力差がある軸選手と成長株の選手の組み合わせを考える
・オールレディースは実力はおおよそ上位が集まっているので、モーター、コース、なども含めて考える

が基本となります。

ここまではどこにでも書いてあると思います。
さらに突っ込むと。。。

★女子は差し技を使う選手が少ない(しっかり使えるのは長嶋、竹井、松本あたり)
★基本まくり主体
★まくりも選手によって「内側をたたくまくり」と 1号艇の外を綺麗にまくる「箱捲り」などがあるのでまくり展開を予想した場合でも、まくる選手によって2着、3着の展開が大きく変わる

などです。

展開を予想するには

選手の特徴、得意技、得意コースを覚える

ということが大切だと思います。

基本的に選手が少ないですし、その中で軸になる選手といえば20人くらいでしょうか。
覚えられない場合はノートを作るなどもいいかもしれません(笑)

★自分なりの女子特徴選手を10人覚えるかノートを作ろう
★予想フォーカスから、差し、まくりなどの展開を考えよう
★ヴィーナスシリーズは同じB級でも伸びてる選手とまだルーキーの選手を区別しよう

ということになります。

あとは舟券としては、差し技やさばき上手の選手がいない場合で、イン逃げではなく、まくり予想の場合はボックス買いをおすすめします。

まくって、捲り切れず、あるいはまくった内側から別の選手が。。。ということもたくさんありますので、ボックス買いの方が悩みません(笑)
また高配当を取れる可能性も高いです。

 

3連単か2連単か3連複か。 20170319

ボートレースは競馬と違って6艇しかなく、SGやグレードレース以外は売上も中央競馬に比べると低いために「単勝」はほとんど買う方がいません。

たまに単勝で穴が取れてる方もいらっしゃいますが。。。

投票が一番多いのは1着、2着、3着を着順も含めて買う「3連単」となります。
万舟が出るのもこの3連単が中心となります。

★初心者のうちは?

最初のうちは

・2連単
・3連複

のどちらからかでスタートするのが無難かと思います。
ただし、イン逃げが多いレース場で2連単だと120円~200円の決着も多く「飽きる」「面白くない」となります。

戸田のようなレース場であれば初心者でなくても2連単中心で勝負できると思いす。

・戸田、桐生前半、蒲郡前半などは2連単で考える
・2連単の場合は2点くらいが理想で、1が入らない場合は6点くらいまででも

逆に多くのレースで1からの決着が出やすいレース場の場合は3連複で練習するといいかもしれません。

・軸になる選手を選ぶ練習
・2着、3着に絡めたい選手を選ぶ練習
・3連複のは場合は配当が1000円以下が多いので2点
・1が入らない3連複の場合は4-6点広げる

などで練習して3連単に以降するもよし、そのまま3連複のマイスターになるもよしです(笑)

どの買い方がいいかは各自の自由ですし、特にこれがいいというのはありません。
ギャンブル性が高く、麻薬のようになるのが3連単です。
気を付けてください。

こつこつ当てる
収支を安定させる

という意味では
2連単
3連複

をおすすめしておきます。


3連単論
ケン渡辺
ベストセラーズ
2014-11-21




 

ボートで勝つ、儲けるにはマインド?

ボート・競艇で儲けるために必要なことはなんでしょうか?

・知識
・レースをたくさん見る
・展開を読む
・穴狙い
・度胸(笑)

いろんな要素があると思います。
一回、あるいは1日、はたまた1か月だけ儲ける・回収率をあげるのであれば要素はなんでもいいと思います。

私がパチンコ、スロット、カジノ、株、仕事。。。
いろんなことを振り返ると一番は

マインド

となります。

自分で自分をコントロールできるか?
自分の作ったルールをだれに言われることなく守れるか?

ということです。

具体例でいうと。。。

・資金が2倍になったら絶対にその日は終わりにする
・資金が5000円マイナスになったらその日は終わりにする
・毎回しっかり予習?と反省する
・絶対に倍倍プッシュはしない(笑)

などなどいろんなコントロールの仕方があると思います。

大事なのは一番よかったルールを検証して探してずっと守ること!

だと思います。

私もまだまだ人間ができてないのでコントロールできません(笑)(-_-;)


 


稼ぐギャンブル 5000万円稼いだ芸人が教える50の法則
じゃい(インスタントジョンソン)
太田出版
2011-07-21



 

ボートレース福岡の特徴、出やすい出目などを気まぐれに

ボートレース福岡。
行ったことはありませんが、博多の方は競馬よりもみなさんボートのようです。
タクシーで競馬の話題ふっても反応しませんが、ボートの話題に食いついてくる運転手さん多数でした(笑)

★番組特徴
芦屋、からつ、若松のようなシード戦は特にありません。
普通に後半にいくほど強い選手になります(笑)

★舟券・決着特徴

・最初の1マークでうねりを乗り越えつつ他の選手を押さえられるかがポイント
・基本はインと3コースが有利
・3コースが攻めないと当然12-12

ポイントは風向きとうねりとそれを乗り越える経験・テクニック・モーター

★よく見かける高配当の出目

とにかく3絡みで高配当が出やすいです。

1がまくられて3-2-4561とか
3がまって、1が抵抗してアウトが突き抜けで5-1-3とか

2コースまくりの選手がいると
2-6-1とかもでます。

差した場合も
2-1よりは

2-3-146
2-4-351

とかになりやすいです。

博多といえば。。。



勝利したらもつ鍋で(笑)



 

児島の特徴

ボートレース児島の特徴は

デニムの街にある

です( 笑 )先日Twitterで見かけたのですが改札かデニム!

ここでは舟券に直結する特徴とか番組について。。

★有利なコースは?

これは圧倒的に1コースになります。
日によっては

132
123
134

が続くことも多いです。

★番組の特徴は?
朝イチが1枠にシード選手の番組です。
ほとんどがイン逃げで決まります。
配当も1000円前後になりやすいです。

6レースが
昼得戦

これは
123がA級の選手の番組です。
そのまま

1-2-3

の決着も多いですが、

213
231
125
136
152

ということもあります。

内枠のシード選手で調子が悪い選手がいるかどうか?

外枠の選手に仕掛ける選手がいるか?

を見極めることができるかが鍵です。

その他に進入固定戦が9レースに組まれています。

★舟券、高配当狙い

児島は基本的には本命党が狙いを絞って少し多めの金額で勝負するのに向いてます。

あとは
2~4レースは若手、ベテラン混戦で荒れることも多いですので高配当狙いであれば前半になります。

★その他
1周2マークの2着争いは良くあるので展示は2マークのスムースさなどを見るといいかも知れません。

スタート揃うと内有利
スタートばらけるとセンターアウトのまくりもあり

で基本通りのレース場です。

1年を通じて風、波の影響もあまり無いレース場所ですね。

あと実況は名物です( 笑 )
うるさいという人もいますが。

児島はデニムの街!!




住之江の舟券・番組の特徴

住之江。
言わずと知れた競艇のメッカです。
年末の賞金王決定戦=グランプリの会場もほぼここです。

水面特性などはいくらでも解説があるので省略(笑)

ここでは主に一般戦の番組の特徴を書いていきたいと思います。

★一般戦の予選★

基本構成として

6R
11R
12R

が特別選抜戦

となり強い選手、名前のある選手、予選で活躍している選手で組まれていることが多いです。

★舟券狙い

基本インが強いです。
まくられてもインコースが残ることが多いです。

なので

123/456で

4コースまくりが決まっても

4-12-56
4-56-12

となりやすいです。

逆に住之江のお客さんは舟券にどうしても1を絡めるので、1が入っていな舟券は他よりも圧倒的に高配当になりやすいです。

住之江の一般戦は非常にメリハリがなく、低配当が続くことも多いです。
本命を見極めて当てる楽しみを追及するか、多めの金額を絞ってかけるか(笑)

逆に1がこないレースを見極めて遊ぶのもいいかもしれません。



 

出走表の見かた② 

みなさんは出走表は何で見ますか?
ボートレースオフィシャルですか?
テレボート?
それとも各ボートレース場の入り口で配布している公式の出走表ですか?

私はネット投票が多いのでテレボートの画面がメインとなります。
レース場またはボートピアを利用する方は公式の出走表か専門紙でしょうか。

私が初めて本場のレース場に行ったときに入口の公式のオフィシャルと専門紙を買って広げた感想は

「何が書いてあるかさっぱりわからないwwww」

でした。

ごちゃごちゃしてるし、モノクロだし。。。

ということで出走表はボートレースオフィシャルかテレボートの画面をおすすめします。
ただし、各場によっては当地の勝率なども詳しく書いてあるケースもあるので、本場にいくならゲットはしてください(笑)

テレボートはいろんなキャンペーンしてますよ。

①友達紹介
紹介しあって抽選にチャレンジしたいという奇特な方はご連絡くださいwww

②クマホンキャッシュバック
結構な確率で2万円、10万円当たってます

いつ読んでも競艇好きならやっぱり面白い?
いつのまにか電子書籍にもなっていた(笑)
万舟とって買ってみたいかなw


 

出走表の見かた① 基本と直前情報

ボートレース・競艇をすでに1年とかやっていれば出走表なんて、さささと見ることができますよね?
でも、私もそうですが初心者の方には

「どこをみればいいのかさっぱりわからない」

というのが正直なところではないでしょうか ?

 出走表で見るポイントは

①選手の勝率(その選手が半年の間にどれだけの成績か。勝率という言葉ですが1着率ではありません!)
②モーター複勝率(そのモーターが過去にどれだけ2着までに絡んでいるかの割合です)
③今節の成績・着歴(その選手の今のシリーズでのコース別の成績です。)
④フライング持ちかどうか(その選手が対象期間にフライング事故をしているかどうかです。ペナルティがあるので、フライングがあるとスタートが慎重になる選手が多いです。)

がメイン。
あとは展開を考えて、

①平均スタートタイミング(その選手がスタートが早い選手かどうか。0.15に近ければかなり早く0.25に近いとかなり遅い選手となります。)
②そのレース場の過去成績(江戸川、戸田、琵琶湖などの特色ある水面の場合は参考にします)
③枠番別勝率・コースの得意・不得意(選手もいろいろと得意・不得意などありますので重要です。)

なんかを調べて直前情報(展示)を待つことになります。 

では直前情報ではみなさんどこを見てるでしょうか。

①チルト(モーターの取り付け角度です。通常は0で+2度、3度になるとダッシュからのまくり型となります。乗りやすさ・操縦を重視する場合は-0.5にすることが多いようです。)
②部品交換などの有無(交換している場合は調子が悪い。交換後にすぐよくなるケースもあるが、効き目がない場合もある)
③展示タイム

展示タイムと展示航走はまた次回。。。

勝ったらこれ。まじうまいです(笑)