女子戦の舟券の買い方セミナー 20170321

女子戦と一口に言ってもいろいろとあります。

・ヴィーナスシリーズは 若手主体 一般戦
・ オールレディースは 女子の上位選手主体 G3のグレードレース
・各場の企画の女子戦 一般戦

が毎日のようにどこかであり、クィーンズクライマックスやオールスターが年に1度あります。

女子戦の特徴は。。。

・選手数が少ないので選手の特徴などが覚えやすい 
・実力差が上位選手と下位選手では大きく予想が立てやすい 
・1年中どこかの競艇場で女子限定レースが開催されている
 

などです。

舟券としては

・ヴィーナスシリーズは実力差がある軸選手と成長株の選手の組み合わせを考える
・オールレディースは実力はおおよそ上位が集まっているので、モーター、コース、なども含めて考える

が基本となります。

ここまではどこにでも書いてあると思います。
さらに突っ込むと。。。

★女子は差し技を使う選手が少ない(しっかり使えるのは長嶋、竹井、松本あたり)
★基本まくり主体
★まくりも選手によって「内側をたたくまくり」と 1号艇の外を綺麗にまくる「箱捲り」などがあるのでまくり展開を予想した場合でも、まくる選手によって2着、3着の展開が大きく変わる

などです。

展開を予想するには

選手の特徴、得意技、得意コースを覚える

ということが大切だと思います。

基本的に選手が少ないですし、その中で軸になる選手といえば20人くらいでしょうか。
覚えられない場合はノートを作るなどもいいかもしれません(笑)

★自分なりの女子特徴選手を10人覚えるかノートを作ろう
★予想フォーカスから、差し、まくりなどの展開を考えよう
★ヴィーナスシリーズは同じB級でも伸びてる選手とまだルーキーの選手を区別しよう

ということになります。

あとは舟券としては、差し技やさばき上手の選手がいない場合で、イン逃げではなく、まくり予想の場合はボックス買いをおすすめします。

まくって、捲り切れず、あるいはまくった内側から別の選手が。。。ということもたくさんありますので、ボックス買いの方が悩みません(笑)
また高配当を取れる可能性も高いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です